Eチケットが主流?
2005年 10月 28日  
昨日ANAから、来週のラスベガス行きの「Eチケットの控え」が普通郵便で届いた。
ぺらぺらした頼りなさだが、これで航空券の替りになる。
最近はどこに行くのもEチケットになってきた。
特典でも、他社便(☆組系)接続でも、紙切れ1枚でOKという気軽さ。
国内便だと、この紙切れさえ必要無し。
手ぶらで空港に行き、予約時に使用したクレジットカードだけで済む。




気楽と言えば気楽だが、ちょっと不安な気持ちも少しある。
逆にぶ厚い紙の航空券も、まだまだ存在する。
この前沖縄行きに使ったJALの特典航空券は、「釜山→成田、羽田→那覇、成田→ソウル」というので、「韓国⇔日本」の15000マイルで済む、お得な特典回り道ルート。
(もっとも、このお得なやり方はJALのみで、現在ANAでは改悪されてNGになっている)
手元に残っている「成田→ソウル」は来年のGWに利用するつもりで、すでに予約済み。
特典航空券で、GWに使用不可(ブラックアウト)の路線が多いが、韓国、中国便は対象外なのが、ありがたいというか、助かる。
取り合えずソウルなどに特典で飛んで、ソウル発券で行きたいところに飛べば安く済む。
うちはこの方法で、来年は台北に行くつもり。
ところで、昨日ANAが「BA便利用でもEチケット可」と発表。
これまた不思議。
何故BA?VSならマイル提携してるからわかるけど…。
これからは、アライアンスに関係なく全ての便でEチケットになっていくのだろうか。
[PR]
 
 
<< 陸マイラーと個人旅行 ページトップ 紅玉が好き >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original by Sun&Moon