エスカレーターの速度
2006年 08月 16日  
海外に行って感じることのひとつに「エスカレーターが速い」っていうのがある。
特に感じたのが、シンガポール。
速い速い!
のそのそしてたら足がもつれそうなほど。
日本に帰ってくると「停まったように遅い」と感じる。
だから皆駆け上がるのか?
世界のエスカレーターの立ち位置は、右側が大勢派。
でも、ここ首都圏は左側。
この前行った名古屋も左立ち。
関西は右立ち。
以前TV番組で、どこが左右の分岐点かというくだらない実証してた。
確か、岐阜県内のどこか(大垣あたり)だったと思う。
もちろん、エスカレーターは歩いちゃダメなのが基本なんだけど・・
だって、片側に障害のある人は、必ずしも決まった側で立ってられるわけじゃない。
子供連れで、子供の手を引いて並んでいたいって人だっている。
我先にどしどし上っていくのが偉い訳じゃない。

話は戻って、エスカレーターの速度。
あの速度って、「速いほうが経費が安く済む」って知ってた?
省エネのためには、速いほうがいいんですって。
記事は→こちら
アジアが速めなのは、省エネの為?
さてどうかな~?

ところで、ソウルの地下鉄駅って全くといっていいほど、エスカレーター無し。
どこでも階段。
えっほえっほ。
疲れるったらありゃしない。
エレベーターがある駅もたま~に見かけたけど、ほんの少し。
バリアフリー化は、まだ進んでないなぁと感じたソウルの街だった。
[PR]
by biwan007 | 2006-08-16 15:53 | 海外旅行 |
 
 
<< シカゴ線復活 ページトップ 行ってらっしゃ~い >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original by Sun&Moon