私がANA派な理由
2007年 06月 04日  
元々旦那が出張族で、その際にANAを多用してたこと、そしてその結果SFCになれたこと、ついでのおまけで私も家族会員になったことが、ANA派になった基本のき。
EdyやANAJCBでマイルがさくさく貯まるのもお気に入り。
でも最近1番ANAが好きな理由がくっきりわかった!

それは、特典の有効期間が搭乗日から1年間ってこと。

これは、私にとって、意外と大きなポイントなのだ。
ちなみにJALやUAは、発券の日から1年間
大した差に思えないかもしれないが、私にはこの差がとっても大きい。

特典を使う時に「日本発の旅程で単純往復」って人が多いから、余り気にしないのかもしれないが、私の様にややこしい複雑な行程を使う場合、困ることが多々ある。

例えば、今年夏休みにバンコクに行くのだが、その際の帰国用にBKK/NRTでUA特典を使おうと昨年10月に発券した。
(繁忙期だから予約開始と同時に予約を入れたから)
で、その復路のNRT/BKKを今年の年末に使おうと思ったら、もうダメなのだ。
発券から1年以上過ぎてるから。
今年の10月までしか使えないのだ。
UAの場合、往復予約が入ってないと特典予約が出来ない仕組み。
ANAのように「復路OPEN」なんて発券が不可なのだ。
だから、復路に予約の入る適当な日付けで発券して、後で行きたい日にちに変更するという手を使う。
そうしないと、往路の予約が埋まってしまうから。
今回も、適当な8月の日付けでUA特典を取って発券した。
そのときは無知で、「発券から有効期限は1年」というのを知らなかったから。
のちに、ネット仲間から聞かされて、すごく慌てた・・

これがANAなら、往路だけ予約を入れて押えておき、復路が取れた時点で発券、そしてもし復路の日にちを変更したとしても、有効期間は往路出発日から1年間。
余裕で旅行計画が立てられるってこと。

JALの場合も、ANAと同じように往路のみの予約を入れられるが、復路の日程を変更しようにも、有効期限が発券してから1年だから、どうしても使える日程が短くなってしまう。

まぁ、往路と復路の日付けが1年も開くなんて人はそうそう居ないんだろう。
だから文句も出ないのね。
去年の11月に使い始めたANA特典の復路を今年の11月に使おうと思ってる。
こんな使い方はJALじゃ不可能。
だから私はANAのほうが好き。
[PR]
 
 
<< 母の春の旅行2ヶ所 ページトップ 今週の海外ドラマ >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original by Sun&Moon