「ほっ」と。キャンペーン
 
 
名もなき毒
2007年 09月 12日  
図書館で予約してから約1年掛かって、忘れた頃に順番が来た本。
一気に読み終えた。
人物情景、心の中の細やかな描写、どれをとってもやっぱり宮部みゆきはすごい。

「誰か」の続編とも言える作品。
土壌汚染とか青酸カリなどの判りやすい毒も出てくるけど、1番恐ろしいのは人間の中に潜む毒であるという哀しく辛い話。
前作の「誰か」のほうが読後感が爽やかだった・・
ここに出てくるような「毒を持ったひと」が世の中にはたくさんいるに違いない。
巡り合ってしまったらどうしたらよいのだろう。

読み応えのある作品だったけど、この作者に関しては、私は時代物の方が好きだ。
特に、江戸のおきゃんな町娘が出てくるような作品をもっと読みたい。
[PR]
by biwan007 | 2007-09-12 22:38 | 雑記 |
 
 
<< HERO ページトップ 外貨到着 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original by Sun&Moon