ボーン・アルティメイタム
2007年 11月 10日  
a0051608_14595684.jpgうちにしては珍しく、公開初日の鑑賞。
ちょうど先月14日のTOHOシネマズ10周年の日に映画を観た際にもらった、11月末までいつでも1200円という割引券があったので、ひんたと2人で観て来た。
ポップコーン券も付いてたので、久しぶりにポップコーンを食べながらの鑑賞になった。
シリーズ3作目の本作品。
過去2作品と同じく、やっぱり主人公は不死身!



アルティメイタム=最後通知という意味だそうで、何が最後通知なのかよく判らなかったが、(ボーンを消せ!って通知のことか?)このシリーズ特有のロケ地の多さが好き。

今回の舞台は、トリノ、パリ、ロンドン、マドリッド、タンジール(モロッコ)そして最後にNYと世界各地。
とりわけ、パリ北駅→ウォータールー駅という路線は、ユーロスターで旅行したところだったので、思い出深かった。

さて、映画の内容だけど、相変わらずジェイソン・ボーンって不死身よね。
爆破現場に居ても、カーチェイスで大破しても、最後に10Fから海に転落しても死なないのよ~~~
最後のエンドロールで、延々とスタントチームの名前が出て来るのが納得のアクションシーンばっかり。
バイクのシーンなんて「こいつマット・ディモンじゃないだろうなぁ」ってありありと判り過ぎ。
撮影方法が「臨場感」に拘ってるので、カーチェイスのシーンでは、私酔いました。
大画面であれやられると気持ち悪くなる~!

ラストが「ありがち」な終わり方で、ちょっと残念。
だって、悪い奴(CIAの大物たち)は全部捕まり、ジェイソン・ボーンは生き残り・・復活?!=次回作?って感じだもの。

3部作として見なくても、この作品だけでも充分楽しめるのはいいわね。
ロケが大変だっただろうなぁ・・なんて見るのもいいかも。
特に、タンジール(モロッコ)の生活臭むんむんの屋上アクションは見もの。
(↑の画像)

長~いエンドロールの音楽は、歌詞がちょっと興醒めかな。
(エンドロールの終わりに何もシーンは無いから、最後まで居なくても大丈夫)
トイレ行きたいなら見なくてもOKよん。

★★★★★ このシリーズものはロケ映像が好き。
[PR]
by biwan007 | 2007-11-10 15:19 | 映画 |
 
 
<< 国内線ブラックアウト ページトップ 整理整頓! >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original by Sun&Moon