東京ルール
2007年 11月 27日  
図書館で借りた本。
地方から上京してきた人が「この田舎者がっ」と冷ややかな目で見られることがないように、親切にルールを教えてくれる。
私は東京育ちなので、改めてこういう風に箇条書きで言われるとへぇ~って思うだけなんだけど、、最近関西にお出かけしたばかりで、その印象が強く残っているせいか笑えた。
「他人との距離感を保つ」という点。
知らない人に声を掛けられても無視する、変わった人や芸能人に会っても知らんぷりする。
満員電車でもお互いの距離感を保とうとする、そういうところ。
地方出身のひんたも、今ではどこでも新聞紙はきっちり細長く折りたたんで読む。
空いてる電車でもその習慣のままで笑える。




それはどうなん?って思った掲載されてた☆東京ルール☆

ルール5:電車の路線図や時刻表は最初から覚えない
(いいえ、ちゃんと覚えてますし、時刻表も確認してから出かけますけど・・)

ルール11:首都高速道路に乗るときは予習する
(カーナビが、事前にどっちの車線にいろとか教えてくれるけどなぁ・・)

ルール37:飲料水は買う
(買うときもあるけど、基本的にうちは浄水器)

ルール42:「だよね」「でしょ」「じゃん」を使いこなさねばならない
(ええっ?!)

ルール46:東西南北より上下左右
(皇居を中心に地名を告げる場合に使うらしい・・って初耳!)

他にも色々あったけど、こんなとこかな。
そうそう、地方のバスに乗るときって「後ろから乗って、降りるときにお金を払う」のよね。
均一料金に慣れてると新鮮だった~
あと、関西はエスカレーターが右立ち。
関東は左立ちだから気を付けてた。
(でも、右立ちのほうが国際基準?)
[PR]
by biwan007 | 2007-11-27 15:09 | 雑記 |
 
 
<< JAL特典のリニューアル ページトップ Skipで搭乗 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original by Sun&Moon