母さんの南極クルーズ
2008年 01月 31日  
母さんの2度目の南極旅行の簡単な紹介。
飛行機はデルタで、行きがアトランタで1泊してブエノスアイレスまで。
そこからスタープリンセス号に乗り、フォークランド諸島などを通って、南極海へ。
前回、上陸した際に、すごく疲れて大変だったとかで、今回は船から眺めるだけというクルーズ。
帰りは、ブエノスアイレスから何故かサンチアゴまでランチリで飛び、サンチアゴからアトランタ経由のデルタで帰国。
(帰りは宿泊無しで乗りっぱなし)
ビジネスクラスへの差額が58万で、1人部屋の差額を入れて、ツアー代はざっと200万円!
前回よりも多少安いとはいえ、いやはやスゴイ金額だわ。






アトランタやブエノスアイレス市内は省略して、船内から。
今回は「上陸しない」というクルーズなので、バルコニー付きのお部屋にしたそうな。

お部屋 / バルコニー / ツアー参加者9人と添乗員さん
a0051608_9514126.jpga0051608_9515738.jpga0051608_9522211.jpg

ジャグジー / プール / デッキチェアー
a0051608_9542440.jpga0051608_9545166.jpga0051608_955652.jpg


船内のお客さんは、米国人が多かったらしく、「すごくカジュアル」だったらしい。
フォーマルナイトなのに「普通の格好」で来たり。
朝1番にデッキチェアーに場所取りしたり。
母曰く「ヨーロッパのクルーズとは大違い」だそう。

次に肝心の南極海。
これが「うんと遠くにペンギンがちらりと見えた」だけで大騒ぎ・・
「もうバカみたいに騒ぐのよ~」
「この前の上陸しといて良かったわ」
「でも、南極の雰囲気を気軽に味わえると言えばそう」
「若い人なら上陸すべき」
南極は「ペンギンのうんこだらけで凸凹で歩くのも大変~」と前回こぼしてたのにね。
では、南極っぽい写真。

デッキは黒山の人だかり / 出っ張ってるところが操舵室 / 船との距離がわかるかな?
a0051608_1032559.jpga0051608_1034058.jpga0051608_1035234.jpg

a0051608_1041612.jpga0051608_1042775.jpga0051608_1043736.jpg


今回のツアーは夫婦4組と母で9人。
1番若くて60台後半とのこと。
お金と暇があるとなるとこういう世代になるんだろうなぁ。

ちなみに、デルタ分のマイルは既にNWに加算済みだけど、ランチリ分が未加算。
よく考えたらワンワールドだから、JALに入るはず。
で、事後登録。
Eチケットの控えはコピーでOKだけど、半券は現物じゃないとダメなんだって。
それを東品川まで送付。
何で事前にチェックしなかったと言えば不注意なんだけど、デルタの単純往復だと思ってたんだよね。
まさか途中でランチリに乗るなんて予想外。

帰路の預け入れ荷物も「スルーで行く」「いやサンチアゴで一旦出て来る」と色々言われて、(結局スルーで成田まで着た)サンチアゴ空港のターンテーブルで延々待たされたんだって。
おまけに、優先タグも関係なく成田ではぐちゃぐちゃに出て来たそう。

デルタのビジネスクラスの感想は、「行きは良かったけど、帰りはダメ」ということ。
よく聞いてみると、行きはお蚕型の新型機材で、帰りは旧機材だった模様。
「全部倒すと後ろの人の足に当たっちゃうのよ~」だって。
機内食は「全然美味しくなかった」らしい。
(船内の食事は「とっても美味しかった」そうなので、まぁそれは良かった)

元気な母の次の旅行は、来週お友だちと行く札幌雪祭り。
すっ転ばないようにね。
[PR]
by biwan007 | 2008-01-31 10:22 | 海外旅行 |
 
 
<< 特典の予約 ページトップ スキミングその後2 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original by Sun&Moon