銀聯(ぎんれん)
2008年 03月 10日  
昨日、汐留ランチのあとに、妹と姪2人(妹の次女&姉の長女)といっしょにお台場にお買い物にお出かけ。
日曜日にしては空いてて、あー旧正月休みが終わったからアジア系の観光客が少ないのねって思いました。
お台場のティーンズ向けのお店で姪っ子(中2と中3)は、洋服選びに夢中。
そこのレジに見かけたのが↑の「銀聯マーク」
中国版デビッドカードで、このお台場の他、銀座のデパートやヨドバシなんかで普及しているらしい。
中国人の購買欲はすごいそうだから、こういうカードの決済をOKすると売り上げが違うんだろうね。
クレジットカードより現金払いが中心の中国(まぁ、カードの与信状況が経済発展に追い付いていないという話)で、高額の買い物には、この銀聯で!ってのが普通だそうで、(1番大きいのが100元紙幣≒1500円じゃ札束になっちゃうもんね)、日本国内でも使いたがった中国人観光客とお金を落として欲しい日本のお店側の思惑が一致したってところ。

そのうち、クレジットカードが中心になればそっちに移行していくのかな?
それとも、(表に出せない・・)お金を使うには、銀聯のほうがいい?!
[PR]
by biwan007 | 2008-03-10 08:52 | 雑記 |
 
 
<< ウルフ、墓穴を掘る ページトップ 祝!喜寿@Fish Bank ... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original by Sun&Moon