ディレイ&ゴーアラウンド
2008年 03月 22日  
ソウルから戻って来ました。

あー疲れた。

何故かというと、往復とも飛行機が遅延したからです。

まず、行きのUAが3時間のディレイ。
結局、仁川着が夜中の0時半。
もうリムジンバスも終了、タクシー移動になってしまい、タクシー代が痛かった~
(一応、UAラウンジの係員にそれとなく「タクシー代出ないの?」と聞いたけどダメでした・・)

次の日(というか日付けが変わってたから同じ日か)1日ソウルで過ごして、帰りのJAL羽田行き。
出発はほぼ定刻の20時半だったのに、何と羽田の着陸に失敗してゴーアラウンド!
機長の説明は「前の航空機との距離が近過ぎてたので、着陸をやり直します」だって。
また房総半島をぐるりと旋回して一周。
結局30分のディレイ。
羽田着が22:50でした。
うち方面行きの最終バスの出発が23:15・・
間に合うのか?!

あちこちで走りに走って、どうにか乗れました。
ほっ
(このバスを逃すと、JR&私鉄を乗り継いで何度も乗り換えて帰んなきゃなんない)

「やっぱJALだね~やってくれたよ」
というような会話をターミナル間の連絡バスの中でしてたら、隣りの座席のおじさまが説明してくださった。

「あれはどう考えても、着陸の角度が高過ぎるし、進入速度も速過ぎ、それで前機にくっ付いちゃったんだよ」とのこと。
「じゃ、機長の判断ミスというか、着陸失敗なんですか?!」
「そういうことだね~」

そのおじさまも空港からのバスがもう無いので、電車で帰宅されるんですって。
何とも迷惑なJAL・・
昼間の時間帯なら多少の遅れはどうってことないけど、深夜だとおうちに帰れなくなっちゃう。
お願いしますよ~
ちゃんと着陸してくださいな。
[PR]
 
 
<< バンテージ・ポイント ページトップ 自動化ゲート >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original by Sun&Moon