ねんきん特別便
2008年 03月 26日  
遊びに来た母が「ついに着たわよ、これが」と見せてくれたのが「ねんきん特別便」の封筒。
そうか、母さんの年金額も訂正されるのか?!
と思って中を見ても、殆ど空欄。
勤務先も何も書いてない。
で、間違い探ししようにも、わかんないじゃないっ!
っと思ったら、生年月日が間違ってた・・

「これお父さんの誕生日じゃん」

何で~?
本人のじゃなく亡き父の誕生日が記載されているのか。
さっぱり要領を得ないので、電話してみた。
でも、全然繋がらない。
0570で始まる市内通話料金代のみとはいえ、有料の電話番号。
少し待って切った。
母が自分で社会保険事務所に出向くというので、そうしてもらうことにした。

この前久しぶりに会った社会保険庁にも関わりのある仕事をしている公務員の友人が「あそこはとんでもなくいい加減なとこだからね、皆もちゃんと調べないとダメだよ!」と力説してたのを思い出した。
内部の人がそんなこと言うくらいだから、相当酷いことになってるに違いない。
そのうち、自分のもちゃんと調べておかなきゃね。



母のメールの腕前は、少しずつだが進歩中。
と言っても、まだ「?!」とパニくることも多く、まだ道のりは長い・・
それでも、何とか頑張ってる。
ただ「メール着いた?」と電話してくるのが、ちょびっと難点。

姉が、甲子園にいる甥の応援の演奏してる姿を写メしてくれたのを「こんなのも送れるのね~」と嬉しそうに見てた。
添付ファイルの開き方も今度教えなきゃね。

母さんは、小鳥ちゃんとしばし遊んで、新しいクリスタルカードと韓国海苔を持って帰って行った。
[PR]
by biwan007 | 2008-03-26 15:51 | 雑記 |
 
 
<< 研究中 ページトップ サンクスは6月末まで >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original by Sun&Moon