ミス・マープルwithタペンス
2008年 06月 26日  
a0051608_1457537.jpgいったいどうやってマープルをトミー&タペンスに登場させるのかと案じながら見た「親指のうずき」
あら、意外にあっさり。
まぁ最初の舞台が老人ホームだから、違和感無しってことでしょうか。
タペンスは初老という設定なので、老けてます。
トミーの仕事が忙しくて放置されて、ちょいアル中気味の設定。





これです。
「奥さまは名探偵」というフランスの映画です。
トミー&タペンスものとはかけ離れた印象でしたが、お話の内容は同じ。
もっとも、このフランス版は、ミステリータッチは弱く、きれいな田園風景や、初老の夫婦の関係に重きを置いてたような・・
見た後に、「いいなぁ、フランスって」と思ったことだけ覚えてました。
(日本でも公開されたんですって、びっくり!)
さて、話は戻って、TV版の新しいマープル2での「親指のうずき」の感想。
草笛光子さんの吹き替えにも耳が慣れてきたのか、前作よりスムーズに感じました。
といっても、あまり出番は無いのよね。
タペンスさんばっかり。
例によって、登場人物の多さに???
えーっとこれは誰だったっけ?
もう1回見なきゃわかんないか・・
アメリカ兵って何のために出てたんだい?
お腹の赤ちゃんの父親なの?
って本筋と関係ない脇の話が多くて、さっぱり・・
フランス版のほうが、話がすっきりしてて、個人的に好きです。

a0051608_15224660.jpgついでに、もう1本。
「動く指」
これまたびっくり。ほぼ原作通り だわ。
「スリーピング・マダー」で原作をあれほど変えてたので、どうなるんじゃ?と案じてたら、意外や意外。
普通
感想は、「まぁ良かった」
どこが原作と違ってるか探すのに疲れて良く覚えてない・・
「何だ、割とそのままじゃん」
ふうん。
[PR]
by biwan007 | 2008-06-26 15:35 | 雑記 |
 
 
<< Reward Nights@万... ページトップ バッテリーの話 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original by Sun&Moon