ル・テスク家の殺人#2
2008年 06月 29日  
全4回放送の2回目。(#1の感想はこちら
今回の感想は、タイトル通り「容疑者だらけ」というところかな。

つまり、話が横に広がり過ぎ
余計なサイドストーリーばっかりで、話が全然進みませんでした。
例えば、
1. 長男の妻と三男の不倫(娘は三男の子だった)
2. 次男と家政婦頭の恋愛関係と借金問題
3. 黒人医師エロワは被害者の実子だった(こいつも?)
4. 被害者の妹の出現(過去のことを暴露する係?)

どいつもこいつも「何かある」と思わせぶりな感じでしたね。
首になりかけたベテランメイドのおばあちゃんの咳とか、いろいろ。

来週の#3で多少話が動くみたいだけど、余計なシーンを無くせば、多分「2時間ドラマ」で充分な内容です。
フランスだと、不倫とかベッドシーンとか全部入れなきゃダメなのか?
単純に犯人探しでいいのに。

やっぱり、ポアロがいないとつまんない
[PR]
by biwan007 | 2008-06-29 15:44 | 雑記 |
 
 
<< CIは空組へ ページトップ ランチ@TULLY'S >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original by Sun&Moon