ル・テスク家の殺人#4
2008年 07月 13日  
最終回です。
あちこち散らばった話をざざざっとまとめてお終いって印象。

さて、ミステリチャンネルの番組紹介ページで先ほど気付きました。
このフランス版「ポアロのクリスマス」リメイクだけど、アガサ・クリスティ原作じゃなくて原案でした。
これって、「全然違うじゃないか!」と言われたときに、言い逃れをするため「原作ではなくて原案」にした?なんて勘繰りたくなるような作品でした。




「犯人探し」より、「人間関係」に重きを置いたドラマということですね。
つまり・・
ぶっちゃけて言えばラブシーンだらけ

ハイ、数々のカップルたち。(カッコ内はストーリーへの関連性)

1.次男の婚約者と下男(意味無し)
2.次男と家政婦(特に無し)
3.長男の妻と三男(余り無し。まぁ子供の父親が三男なのよね・・)
4.若い刑事と下男(全く意味無し、キモイ)
5.家政婦と執事(ハッピーエンドでいいんだけど・・)
6.隠し子その1の医者とニセ孫(別にくっ付いてもいいんだけどストーリーに絡まず)
7.長男夫妻(夫婦間のレイプってどうなん?)
8.次男の婚約者とレストランでナンパした行きづりの男(全く意味無し)
9.長男夫婦の娘と若い刑事(この刑事さんってゲイなのでは?)
10.メイド部屋に忍び込む若い警官?(もう乱れ過ぎ)

まだあったかも。
こういうシーンがいっぱいで、肝心の犯人探しやストーリーをぶった切り!
まぁ、結局あの警視が犯人ってところは「原案」通り。
でも動機がねぇ・・ぱっとしませんね。
それに、何なのさ、あの最後の最後。

死刑を逃れ脱獄って。
あのひと言を加える必要があったのか?
あれが、フランス流なの?
全くわからない、意味不明。
理解の範ちゅうを超えた摩訶不思議なドラマでした。
[PR]
by biwan007 | 2008-07-13 22:44 | 雑記 |
 
 
<< JALディスカウントマイルキャ... ページトップ チャイナハウス桂花楼@幕張 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original by Sun&Moon