タイガー・エアー
2008年 08月 08日  
シンガポールから直接マカオ空港に飛んでいるのがタイガー・エアー。
最近増えてきた格安航空会社のひとつ。
運賃だけならすごく安くて、おおっ?! って感じ。
でも、落とし穴がいっぱい。
今回実際に乗ってみて、それを実感しました。
a0051608_1626821.jpg




機内食無し。
飲み物、食べ物有料。
そして極めつけが、ありえないほどの座席の狭さ! 
うちは、25SGD(≒2000円)の差額を支払って非常口席を指定したので、かなりゆったりでしたが、他の席は凄かった~~~
普通の航空会社より10cmくらい狭いんじゃない?
みなさん、膝頭が前にくっ付いてました。
そしてそして、最大の驚き・・ リクライニングしません! 
一応それらしき丸いボタンがレバーにあるんだけど、押しても何も起きない。
直立不動で3時間のフライトです。
みんな、最初はどうにかリクライニングさせようと頑張るのね。
そして倒れないと判ると、後ろを振り向く→後ろの奴が悪さして倒させないようにしてるんじゃないかと疑う・・の繰り返し。
まぁ、あの座席間隔でリクライニングしたら、後ろの人が圧死してしまうかもしれないから。
冗談ではなくホントにそう思いました。
a0051608_1638043.jpg
↑倉庫みたいな「バジェットターミナル」から出発です。
ここへは、ターミナル2の地下から専用バスで辿り着けます。(タクシーでも直接来れるみたい)
2時間前からチェックイン開始ですが、長蛇の列。うちは30分くらい待ちました。
何故そんなに待つかと言うと、カウンターで「あなたの預け入れ荷物は重量オーバーで超過料金だよ」と言われて、その場で手荷物に入れ替える客が多いから。
1人15キロまでで、2人以上だと合算出来ます。
a0051608_16395085.jpg
↑チェックインカウンターの横にあるレストラン。
a0051608_16435915.jpg
↑出国後にも、免税店やお店がちょこっとあり、時間が潰せました。
a0051608_16453524.jpg
↑サンドイッチや飲み物の注文取りも熱心だったけど、それ以上に熱心だった機内販売。
何度も行き来してました。
私がカタログを手にした途端、マンツーマンで1品ずつ解説されちゃいました・・

また乗るかと聞かれたら、「非常口席なら」乗ります。
(ただ、非常時の役割説明が、これまたマンツーマンでしつこいです・・英語力の確認?)

帰国時に乗ったJALのエコノミーが「何と快適なことか!」
タイガー・エアーの最大の利点は、他の航空会社の狭い座席が広く思えることかもしれません。
だって、「あー、リクライニング出来て幸せ♡」と思ったんですから。

そうそう、「機内に食べ物一切持ち込めない」という話でしたが、全然OKでした。
手荷物検査後にあるセブンイレブンで飲み物を買って持ち込むのをお勧めします。
皆さん、色々持ち込んでました。
うちは何も持って行かず大後悔。
[PR]
 
 
<< ANAから電話 ページトップ 1日遅れでただいま♪ >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original by Sun&Moon