容疑者Xの献身
2008年 10月 18日  
特に福山ファンでもないけど、TV版のガリレオは好きで見てたので、映画も見て来ました。
近所のシネコンでは、同時に2つの劇場で上映してて、さぞ混んでいるかと思いきや、観客は10人くらい。

普通連続TVの映画だと、タイトルに同じ番組名を名乗るのに、どうしてこの作品には「ガリレオ」って付かないんだろう?
不思議です。
原作は未読ですが、ほぼ原作通りに仕上がってるそうで、「珍しく、フジテレビ色の薄い映画」だという原作ファンの感想を耳にしました。

私の感想をひと言で言うなら、「主人公は福山雅治じゃなくって、堤真一だったのね・・」です。
a0051608_1631105.jpg






TV版より、かなり重いです
あの軽ーい乗りで見れると思ってたら、どよよんと暗く沈むお話でした。

湯川先生の物理の解説で事件を解決!っていうTVのパターンを期待して行くと肩透かしを食らいます。
柴崎コウなんて、おまけのような軽い扱い。まぁ原作には無い役柄だそうですが・・
TVを見てたこちらとしては、もっと2人の漫才のような面白いやり取りを期待してたんですが・・

さて、私の最大の突っ込み所。

松雪泰子って、はかなげな、そしてすごい美人かいっ?!
ちょっと違う!!!

そして、名演技だったと思う堤真一。
数学者を演じるとどうしても「やまとなでしこ」を思い出しちゃう。
挫折した貧乏ってとこも同じだし。
まぁ、原作ではもっとブサイクな設定らしいですが。

あと、雪山のシーン。
要るのか?
そりゃ男の友情ってのを描く意味があるんだろうけど、ちょいと私眠くなりました・・

もうひとつ。
最初の船の爆破の犯人は誰なんですか?
方法は湯川先生が解決してたけど・・
あの事件は、その後の殺人事件と全く関係無いのは原作通りなの?

個人的には、リリー・フランキーさんが受けました!
あそこで出てくるなんて♪(みんな気付いたかな?クレジットの「友情出演」でびっくり!だったんじゃない?)

評価:★★★★☆・・原作を読んでみたくなりました。
[PR]
by biwan007 | 2008-10-18 16:48 | 映画 |
 
 
<< JAL特典の変更 ページトップ プレミア・タワー@ヒルトン・グアム >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original by Sun&Moon