栗原はるみの機内食
2008年 12月 17日  
今月からANAのCクラス(主に短距離路線)で始まった「栗原はるみプロデュースの機内食」
どんなもんでしょう?

ハイ、こんな感じだそう。
a0051608_2120757.jpg
あら、美味しそうじゃない。





ちょっと量が少ない気がするけど、デザートがあんぱんって面白いね。



でも、考えるにこの人の持ち味って、「簡単に作れてお洒落に見える料理」だったような・・
特に若い女性向けというか、新婚ほやほやのお嫁さんが「頑張ったら作れそう」に思えるものが多かったと思う。

1度、自由が丘だったか、「ゆとりの空間」に行ったことがあります。
いっしょに行ったサークルの後輩(新婚さんだった)が、感激の嵐だったっけ。
きゃあ~~美味しそう!
きれい~~
こういうの作りたい~~

一方、ちょいと年季の入った嫁である私は、冷めた目でじっくり観察。
・・感想はひと言。

胡麻使いすぎ

料理からデザートまで「胡麻だらけ」
たまたまその日のランチメニューがそうだったのかもしれないけど、私の口には合いませんでした。
下町育ちの私には、かなり上品な薄味だったし。

話は機内食に戻って、この機内食を提供する路線って、ビジネスマンが多いと想像出来ます。
そういうおじ様たちに、これって受けるでしょうか?

はっきり言って無理!

そんな予感は私の勘繰り過ぎ・・だったらいいんだけど。
最近のANAの数々の企画って、何となく微妙にずれてる気がします。
[PR]
by biwan007 | 2008-12-17 21:34 | 海外旅行 |
 
 
<< いかクリップ ページトップ CLUB-Aカード >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original by Sun&Moon